大田泰示のパフォーマンス!ヒーローインタビューで神対応!巨人への感謝を忘れていない!

この記事は3分で読めます

SponsordLink

こんにちは!

 

今回は日ハムの大田泰示選手のパフォーマンスの神対応について!

今、大田選手がヒーローインタビューの際に神対応したことで話題になって

いますがどんな対応を見せてくれたのでしょうか。

プロフィールも含めてまとめてみました!

 

大田泰示のプロフィール!

oota

・大田 泰示(おおた たいし)

・1990年6月9日生まれ

・広島県三次市出身

・身長188cm

・体重95kg

・ポジション:外野手

 

大田選手は小学1年生の時にソフトボールを始め

野球を始めたのは小学5年生からで軟式野球クラブに

所属していました。

中学の頃、野球教室に参加し原辰徳に直接指導してもらったことが

きっかけで原さんの母校である東海大相模高校へ進学します。

 

高校では持ち前の長打力が開花し本塁打を量産。

高校通算65本の本塁打を記録しスカウトの注目を集めます。

引退後は大学への進学を希望していた大田選手でしたが

直前で変更しプロ入りを表明。

2球団の競合の末巨人が交渉権獲得しあの松井秀喜さんが

着けていた背番号「55」を譲り受け、また選手寮でも

松井が使用していた部屋に入居しています。

 

巨人入団はメディアも大注目!

巨人に入団した大田選手はキャンプ直後から松井の後継者と

期待され大注目を集めます。

それゆえに大きなプレッシャーが大田選手を襲います。

中々1軍に上がっても結果を残せずすぐ2軍落ちを

繰り返し、2軍でも4年連続で三振王となります。

課題の打撃が向上しないためプロ5年目のオフに

「55」番をはく奪されファンからは55を返せ、

55をつけるなと言われたことがあったそうです。

 

その後も1軍に定着することなく2016年に日本ハムに

トレードが決定。

巨人に在籍していた8年間で本塁打9本という結果に終わりました。

 

2017年日本ハムに移籍し開花の予感!?

2017年に日本ハムにトレードした今季はシーズン途中から

1軍に定着しこれまでの打撃が嘘のように打ちまくっています。

本塁打も初の2桁が見えてきました!

何か重圧から解放されたのでしょうか、三振率もかなり

下がっています。

持ち前のパワーと選球眼が向上すればシーズン通して

打率3割もあるかもしれません。

 

交流戦での古巣巨人に対しては10打数7安打2本塁打と

見事に恩返しを果たしました!

原前監督からは「巨人の時もこれぐらい打ってほしかったですね」

とコメント。

今の大田選手を見るとトレードしてよかったのかもしれませんね!

ヒーローインタビューでのパフォーマンスを自粛!

大田選手と言えばヒーローインタビューの時に

矢野謙次選手と同じく「ファイターズ最高~~~」と叫び

ファンを盛り上げるパフォーマンスでお馴染みですが

巨人戦でヒーローインタビューを受けた際にインタビュアーから

お馴染みのパフォーマンスを求められると大田選手は

「すみません、色々と諸事情がありますので今日は勘弁してください」

といつものパフォーマンスを自粛。

 

これは「巨人でお世話になった気持ちを忘れていない、感謝しています」と

言われていたことが形として現れた瞬間だったと思います。

古巣から追い出された事を怒っているのではなく

8年間も辛抱強く育ててくれたのに期待に応えられなくて

申し訳ないという気持ちが強いのかもしれないですね。

大田選手にはこれまでの苦しかった分をバネにして

ファイターズで大活躍してほしいなと思います\(^o^)/

そしてお馴染みのパフォーマンスで日本ハムを盛り上げていってほしいですね!

SponsordLink

プロ野球おすすめ最新情報

大谷翔平の怪我後の現在と復帰時期は?原因は右足首をかばった事での肉離れ!?

柳田悠岐が広島カープ愛でFA移籍?優勝して両親を呼ぶのが夢!揺れる胸中はいかに!

斎藤佑樹の引退や戦力外は今年の11月?トレードや年俸推移は?もらいすぎの謎!

 

ありがとうございます!

大田泰示のパフォーマンス!ヒーローインタビューで神対応!巨人への感謝を忘れていない!

を最後までお読みいただきありがとうございました!

これからもプロ野球で気になったことや面白そうなことを書いていきますので

宜しければ他の記事もご覧になってみてくださいね!

それではまた!

☆これまでのプロ野球記事は下の方から&当サイト名から見れます☆

SponsordLink

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。