野球ときどき芸能カフェ速報では色んな野球、エンタメ情報を提供します

みりちゃむは整形?すっぴんに病気説,水着に彼氏のひゅうがと別れた理由も気になる!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

みりちゃむは整形?
すっぴんに病気説
水着に彼氏のひゅうがと別れた理由も気になる!

みりちゃむこと大木美里亜さんはegg専属で活躍中のモデルさんです。

童顔を活かした”ベビフェギャル”として人気を集めており、そのメイクやファッションを多くの女性が参考にしています。

もともとは童顔にコンプレックスを持っていたそうですが、今ではその童顔が個性になり、童顔×ギャルメイクを多くの女性が支持しています。また、大人っぽいファッションも魅力です。 

そんなくりくりした目が可愛らしいみりちゃむですが、その目は天然ものなのでしょうか?

それとも整形なのでしょうか?

その他にもみりちゃむのすっぴん、病気説、彼氏のひゅうがさんとの破局の真相などもご紹介します。

みりちゃむのセクシーで可愛い水着姿も見られるかも!?

みりちゃむが整形?目、鼻、歯列矯正、豊胸の噂をcheck

目がくりくりしていて可愛いみりちゃむですが、そのくりくりした目は天然ものでしょうか?

結果から言うと、みりちゃむは「二重の埋没整形」の整形をしています。

この整形はeggのYouTube公式チャンネルで公開されていました。

”「二重の埋没整形」とは皮膚の内側に特殊な糸を通し、固定することで人工的に自然な二重を作ることができる治療法です。”

 (埋没法のメリット)

❶まぶたにメスをいれないので腫れが少ない

❷手術のあとが目立たない

❸手術時間は15~30分で完了する

❹糸を取れば元のまぶたに戻せる

❺手術のやり直しができる

 (埋没法のデメリット)

①時間の経過やまぶたを強くこすると糸が取れる場合がある

②まぶたの皮膚が厚い人には向かない

 (埋没法をおすすすめする人)

・二重のラインが不安定な人

・左右のラインのバランスが悪い人

・費用を抑えたい人

・ダウンタイムが短い方がいい人

みりちゃむもこの埋没整形をして二重を整えました。手術のビフォーアフターがこちらです。

かなり印象が変わりましたね。みりちゃむは元々二重ですがラインが短いので、二重テープを使って伸ばしていたそうです。

しかし、メイクの度にそれをするのが面倒になり、埋没整形を行いました。

二重のラインの幅が広がり、よりぱっちりした印象を受けます。

手術直後は糸で引っ張られている感覚が残っていたそうですが、その感覚や腫れも2〜3日で和らぎ、1週間後には通常通りの感覚に戻ったそうです。

みりちゃむ自身も手術をして良かったと語っており、メイクの時間が短くなって楽になったそうです。

整形の手術直後から1週間の経過の様子をeggのYouTube公式チャンネルで見ることができるので、興味のある人は是非、ご覧下さい。

みりちゃむは元々二重で可愛いですが、整形後はよりくりくりして可愛いですね。

また、整形を公表してくれるのも好感が持てるポイントですね。自身のまぶたに悩んでいる人は参考になるかもしれません。

みりちゃむは目の他にも整形をしているのでしょうか?

他にも鼻の整形をしたという噂も流れています。

しかし、鼻の整形については否定しています。

Twitterでも痩せたことで鼻が少しシュッとしたと話しています。

たしかに痩せて顔の雰囲気が変わっていますね。

左の方は童顔で可愛い感じですが、右は痩せて大人っぽい雰囲気です。

どちらのみりちゃむも可愛いですがみなさんはどちらがタイプですか?

他にも歯の矯正をしているという情報がありますが、歯の矯正はしているそうです。本人も公表しています。

Twitterでも歯の矯正を変えたら痛すぎたと報告していて、歯のホワイトニングもしているそうです。

歯も白くて可愛いですね。みりちゃむは二重整形や歯の矯正を隠さずに公表してくれるので気持ちがいいです。

そのため、鼻の整形は否定しているので可能性は低いです。

みりちゃむのすっぴんが可愛いと話題に!

みりちゃむはギャル前のすっぴんが童顔で可愛いと評判です。

(ギャル前のすっぴん)

すっぴんだとみりちゃむさんの面影がないですね!

どの写真もギャルっぽさはないですが、すっぴんだと童顔で清楚系の美少女と言った印象。

いつもより幼く見えます。

(ギャル後のすっぴん)

(メイク後)

ギャル後でもすっぴん時はとても幼くて可愛い系ですが、メイク後はばっちりギャルになっています。

また、ギャルメイク後もベビーフェイス感は残っているのでふんわりとしたギャルで可愛いですね。

このふんわり感がみりちゃむの魅力です。

すっぴん時とメイク後、あなたはどのみりちゃむが好みですか?

みりちゃむは過去に「起立性調節障害」の病気も

みりちゃむのママがTwitterでみりちゃむの病気について告白したことがあるそうです。

その時のツイートがこちらです。

みりちゃむが中学生の時に「起立性調節障害」という病気だったそうです。

「起立性調節障害」とは自律神経の病気で小学校の高学年から中学生の思春期の子どもに多く現れる病気です。

症状としては目まいや動悸などが起きてしまい、体が怠くなってしまいます。

怠け癖と勘違いされることが多く、この病気が原因でいじめや不登校に悩む人も多いのが現状です。

みりちゃむもこの病気で悩んでいたのかもしれません。

幸い、みりちゃむの症状は軽いものだったので、今では普通の生活を送れるようになっています。

病気を乗り越えて、モデルとして活躍しているので立派ですね。

この病気で悩んでいるお子さんや親もみりちゃむの姿を見て勇気を貰えると思います。

みりちゃむのママが言っているように、この病気をもっと多くの人に知ってもらい、理解が広がればいいですね。

みりちゃむの水着姿やカップサイズ(胸)は?豊胸はしているの?

ここからは男性ファンお待ちかねの水着姿です!

一部では豊胸の噂もあるようですが果たして。

みりちゃむの水着姿を見て確かめてみましょう。

インスタでたくさんの水着姿を公開していますので、気になる方はチェックしてみてください。

映り方によって多少大きく見える写真もありますが、実はそこまで巨乳ではありません。

みりちゃむ自身もYouTubeで自分の胸のカップサイズをBカップと公言していました。

そのため、豊胸手術をしている可能性はゼロです。

みりちゃむは育乳を頑張りたいと話していました。

胸が大きくなくても可愛いですけどね!

みりちゃむが彼氏と復縁?ひゅうがと別れた理由とは?

eggの恋愛番組「EGG HOUSE」でカップル成立し、交際をスタートさせたみりちゃむとひゅうがの2人ですが、交際6ヵ月ほどで破局しました。

別れた理由としては恋人同士というよりはモデル仲間として付き合っていきたいという話になったそうです。

今も友達としてお互いに仲良く良好な関係を築けています。

そんな2人が復縁したという噂があります!!その噂は本当なのでしょうか?

結論から言うと2人は復縁していません。

YouTubeで復縁ドッキリを企画で行っていたので、本当に復縁したと勘違いしてしまったのかもしれません。

復縁を願っている人も多くいると思いますが、今でもYouTubeで2人が仲良く絡んでいる姿を見ると嬉しく思いますね。

これからもモデル仲間として頑張る2人を応援しましょう。

以上、貴重なお時間を割き最後までご高覧いただきまして有難うございました。

宜しければ下記の『芸能関連』から他の記事もご覧になってみてくださいね☆

 

おすすめ芸能関連記事!

みちょぱの彼氏が少年院へ!お風呂でのキス画像も!?実家同棲を告白したカリスマモデル!

micyopa7

なごみの水着や胸カップ!整形前&すっぴんも!?腹筋バキバキでスタイルも抜群で可愛いと話題に!

ヴァンゆん/ゆんちゃんの水着と胸!本名やすっぴん,妹と弟も登場で話題に!

マルコス(釣り)の胸カップや水着ビキニ!すっぴんに整形説,本名も気になる!

 

みりちゃむのプロフィール!身長や年齢、本名は?

・名前:みりちゃむ(大木美里亜)
・生年月日:2002年7月10日
・出身地:埼玉県
・身長:158㎝
・体重:44㎏
・血液型:AB型
・趣味/特技:ネイル/メイク
・事務所:プラチナプロダクション

みりちゃむの出身高校はルネサンス高校という地元の埼玉県の通信制の高校です。

通信制の高校なので、校則も厳しくないです。そのため、みりちゃむも高校からギャルメイクに目覚めたそうです。みりちゃむのギャルの原点はこの高校からスタートしたのかもしれません。

またこの高校は年に4回登校すればあとは自由だそうです。仕事と学校を両立するためにこの高校を選んだのかもしれませんね。

 

ありがとうございます!

みりちゃむは整形?すっぴんに病気説,水着に彼氏のひゅうがと別れた理由も気になる!

を最後までお読みいただきありがとうございました!

これからもスポーツ情報、芸能記事で気になったことや面白そうなことを書いていきますので
宜しければ他の記事もご覧になってみてくださいね!

それではまた!

☆これまでの記事は下の方&当サイト名をタップで見れます☆

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Copyright© 野球ときどき芸能カフェ , 2022 All Rights Reserved.