ヒカキンの父親や国籍は?引っ越し先のマンションの間取りと家賃がヤバすぎ!?

この記事は5分で読めます

SponsordLink

ヒカキンの父親や国籍は?
引っ越し先のマンションの間取りと家賃がヤバすぎ!?

こんにちは!

今や若者の将来の夢ナンバー1でもある「ユーチューバ―」という職業。

そのブームの火付け役と言っても過言ではないカリスマ的ユーチューバ―といえばヒカキンさんですよね。

youtube上だけでなく、メディアやテレビなどでも多数出演されるほど今や売れっ子なタレントにもなられました。

ユーチューバ―を目指したきっかけとなったのは2011年に公式のチャンネルを開設したところからスタートしています。

そんなカリスマユーチューバ―のヒカキンさんですが、まだまだ謎多き人物ということもあり、今回は彼のパーソナルな情報や最近巷で話題となっている情報や噂などを様々な角度からリサーチしてみたいと思います。

 

ヒカキンの両親(父親、母親)はどんな人?


引用:HikakinTV

まずはヒカキンさんの家族構成や生い立ちなどの背景に関する話題から触れてみたいと思います。

新潟県出身で家族構成としては母親・ヒカキンさん、セイキンさん(兄)、祖父、という4人が公開されている情報でした。

母親は名前は非公開ですが、ママキンと呼ばれており、2016年にヒカキンさんのyoutube動画にも実は出演されています。

ノリも良い方で50歳後半くらいの年齢だそうですが、若く見えると評判だったみたいですね。

ユーチューバ―で得た収益で親孝行もよくされているみたいで、また200万円もする高級おせちを振るまったりなど、その様子をまたネタや企画として動画配信をされていることもあります。

お母さんもヒカキンさんがいつも親孝行してくれることを誇らしげに語られており、仲の良い家族なんだとほっこりさせられるようなエピソードもあるようです。

ただ父親についてはヒカキンさんが幼少期のころに離婚されていないそうなので、現在つながりもなさそうですし父親との思い出などはあまりないのかもしれません。

 

兄弟の名前や画像はある?


引用:HikakinTV

ヒカキンさんの兄弟については先の家族構成でもふれたように、同じくユーチューバ―として活躍しているセイキンさんがお兄さんとなります。

事務所も同じUUUMということで、兄弟そろって同業種というのもまた仲のよさが伺えます。

ちなみに本名は開發聖也(かいはつ せいや)さんという名前だそうです。

セイキンさんは作曲家としても活動されており、学生時代からアカペラのグループに所属したり、吹奏楽でトロンボーンを吹いていたなど音楽に常時していたそうです。

特に2017年にリリースされた「雑草」という楽曲はiTUNESの総合ランキングのチャートでも見事に1位を獲得し、ミュージックステーションにも出演・披露されたことでも有名です。

メディアはもちろん普段からユーチューバ―なので、当然画像や動画もネット上でみることができますので、ご存じなかったという方はぜひチェックしてみてください。

 

ヒカキンの国籍はどこ?在日韓国人の噂は本当?


続いて、ヒカキンさんの国籍は韓国で在日なのでは?との噂が浮上していましたので、真相について調べてみました。

事の発端となったきっかけはウィキペディアでの紹介情報によるものだったようで、国籍が韓国で表記されていたのだそう。

現在は日本に書き換えられているので当時の記載内容は確認できません。

また韓国人のスナップ写真を紹介してある雑誌の中で「ジュ・ジョンギ」さんという方が写真付きで掲載されているのですが、この方が見た目ヒカキンさんにそっくりだったため、同一人物なのでは?という噂から発展したものみたいですね。

結果的には似ている別人ということが判明しています。

更にもう一つの疑惑要因となったのは珍しい本名の名字です。

ヒカキンさんの本名は「開發光(かいはつひかる)」という名前なんですが、この「開發」という苗字が韓国名っぽいということで疑惑となりました。

しかしこちらもかなりレアですが、れっきとした日本人由来の姓だそうで、国内でおよそ70人しかいないとも言われるかなり珍しい名前なんだそうです。

実際の国籍は生粋の日本人でしたが見た目も韓国人っぽい顔だちもされていますし、紛らわし要素が混在しすぎた結果なのではと感じました。

次はヒカキンの『引っ越し回数』『引っ越し先の間取りや家賃』について迫ります!

後半に続きます

SponsordLink

ヒカキンがこれまでにした引っ越しの回数は?


引用:HikakinTV

続いてヒカキンさんがたびたび引っ越しをしていることを話題に取り上げられていましたので、経歴などを調べてみました。

彼はユーチューバ―になってから8年間の間で5回引越しをしたと言われています。

自信のyoutubeチャンネルで引っ越しの模様を公開しており、世間体に知れているだけでもこの回数なので、実際はもっと多く引っ越しをしているかもしれませんが。

ヒカキンさんがこれだけの回数を度々引っ越しをするのには様々な理由が語られています。

まずは彼自身が引っ越しすることが好きであるという事。

また物が増えすぎて部屋が狭く感じられた際や、住所の特定を防ぐためともコメントされています。

他にもゴキブリが苦手らしく、自宅で遭遇してしまった場合は引っ越したくなるのだとか。

あとは税金対策の一環という話も。

ユーチューバ―として収入が増えていくにつれ、税金もがっつり取られてしまうため、所得に応じてより高額な賃貸へ引っ越しをしているのだそうです。

 

ヒカキンの引っ越し先の間取りと家賃がヤバい!


引用:HikakinTV

そんな引っ越し好きなヒカキンさんが2019年1月末に、約3年ぶりの引っ越しをするということが話題となっていましたね。

「ヒカキン新居公開ツアー2019」と題してyoutubeでも紹介されていますが、最新の引っ越し先はそれ以前の住居と比べ広さは2倍、家賃は3倍にもなるというかなりのハイスペック物件なんだとか。

以前から気にかけており見上げていたマンションがあったそうで、たまたま空きが出たため引っ越しを決めたのだそうです。

しかも見晴らしも素晴らしい場所のようで、東京タワーとスカイツリーがベランダから一望できるタワーマンションなんだとか。

おまけに間取りはかなりぶっとんでおり「6LLDDKK」と、リビング・ダイニング・キッチン・バスなどほぼすべての部屋が2セットからそれ以上完備されているというとんでもない豪邸なんです。

引っ越しの際に発生した初期費用だけで、ランボルギーニが余裕で買えるほどの金額になったと語っていることから、最低でも4500万円くらいはかかっていると推測されています。

以前の住居で家賃が120万円ほどと言われていたので、ざっとその3倍と考えれば360万円程度が毎月の家賃ということになります。

しかもその家賃を約1年分一気に払った事も自身のチャンネルで明かされていました。

まさに成功者の証とも言えますね。

 

間取りから引っ越し先の住所が判明!?


引用:HikakinTV

さて芸能人や著名人の方のゴシップでいうと、引っ越し先はどこなのかが話題になることも多々あります。

今回ヒカキンさんの引っ越しネタからもある程度の場所は特定できるみたいですね。

まず彼が経営している事務所ですが六本木ヒルズの中にあるそうで、自宅もその近くだと推測されます。

引っ越した住居がタワーマンションであるということも語られているので、もしかすると住居もヒルズ族になったのかもしれません。

六本木のある港区はテレビ局も多数あるので、芸能活動においても利便性が高いこと、また部屋のベランダからスカイツリーや東京タワーが一望できるという点からも可能性としてはありそうです。

また、一部では引っ越し先は赤坂との見方もありました。

どちらにせよ見上げるほどのタワーマンション・・・住み心地はさぞかし良いのでしょうね。

 

ヒカキンはインスタも豪華!アカウント名は?

最後にヒカキンさんのインスタグラムについて調べてみました。

アカウント名もそのまま「hikakin」の名前で開設されており、投稿内容は比較的プライベートな内容が多く挙げられています。

自宅で飼われていると思われる愛猫の写真や、友人たちと遊んでいる模様などがあり、普段ヒカキンさんがどんな生活スタイルなのかが垣間見えるSNSとなっています。

また現時点でのフォロワー数は517千人とかなりの数の方が観られていますね。気になった方はぜひチェックされてみてください。

以上、貴重なお時間を割き最後までご高覧いただきまして有難うございました。

宜しければ下記の『芸能関連』から他の記事もご覧になってみてくださいね☆

 

おすすめ芸能関連記事!

まふまふの身長は?病気や整形疑惑,卒アルに兄弟はいるのか詳しく検証!

米津玄師の姉や兄弟は?病気,障害(うつ病・自閉症)に両親との驚きの関係とは!

DAOKOは整形?身長やすっぴん顔もかわいい!メイクのポイントは?

あいみょんは整形?身長や年齢、高校や大学はどこ?ブサイクと言われている理由は?

 

ヒカキンのプロフィール!

・名前:開發光(かいはつひかる) 本名
・生年月日:1989年4月21日
・出身地:新潟県新井市(現 妙高市)
・身長:174cm
・体重:68kg
・血液型:O型
・趣味/特技:ネットショッピング、ラーメン屋めぐり、ヒューマンビートボックス、スキージャンプ
・事務所:UUUM(ファウンダー兼 最高顧問)

投稿されていた内容としては初期の頃はある企業の商品紹介がメインであり、その他では特技でもあるヒューマンビートボックスの演奏や何気ない日常をきりとったプライベート動画、ゲームをプレイしている様子を実況するなどの動画が公開されています。

こつこつ毎日新しい動画を配信し続けた結果、現在では登録者数は600万人を超えるほどのモンスターチャンネルへと変貌をとげ、動画の総再生回数は40億回以上という歴史的数値をたたき出すほどの結果を出しました。

 

ありがとうございます!

ヒカキンの父親や国籍は?引っ越し先のマンションの間取りと家賃がヤバすぎ!?

を最後までお読みいただきありがとうございました!

これからもスポーツ情報、芸能記事で気になったことや面白そうなことを書いていきますので
宜しければ他の記事もご覧になってみてくださいね!

それではまた!

☆これまでの記事は下の方から&当サイト名から見れます☆

SponsordLink

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。